小学校の授業でもプログラミングの勉強が盛り込まれているように、プログラミングの技術を習得したい人は増えていると言われています。
しかし本を読んでもよくわからない、集団講義に参加してみたけどサッパリ理解できないといった声も聞かれます。そのため、マンツーマンプログラミングを利用したいという人が増えています。
プログラミングを勉強したいという人は、子どもから大人まで多種多様です。また、プログラミングの目的もそれぞれ異なります。

マンツーマンプログラミングに携わるプログラミング講師は、様々な形態で働いています。本業のプログラマーとしての仕事以外に副業でマンツーマンプログラミング講師を行ったり、在宅でリモート業務を行ったりする人もいます。

マンツーマンプログラミングが選ばれている理由は、質問がしやすい、短時間で内容の濃い授業を受けることができる、今後の働き方について聞くことが可能、といったことを挙げる声が多いです。プログラミングと一言で言っても目指す目的が異なるため、マンツーマンで教えてもらうことを望む人が増えています。

プロのプラグラマーであっても、本業だけで生活していくことが難しいという人は多いです。そんな時は、スキルを活かしてマンツーマンプログラミング講師に登録してみると良いでしょう。
「週に1回だけ教える」「遠方からリモート授業を行う」「アプリ開発を専門に教えたい」といった希望に添った応募も可能であることが魅力です。