年収アップは、どの仕事をする上でも命題として上がってくる題材です。
実は、プログラマーとして働くにあたり、習得しているプログラム言語によって年収が変わるという事実があります。今回は、年収アップのために習得しておきたいプログラミング言語を3つ紹介します。

まず1つめは、初心者でも始めやすく、Androidアプリなどで多用されている「Java」です。
1995年に誕生したこのプログラミング言語は、その歴史の長さから多数の大手企業やアプリケーションとして使われてきたため、安定性と信頼感があります。プログラミング言語の基本的な構成を網羅しているため初心者も始めやすく、汎用性の効く言語となっています。
Javaを扱えると一定の基礎知識が備わっている人材だと判断してもらえるため、習得をおすすめします。

次に紹介するのは「Python(パイソン)」というプログラミング言語です。
こちらは近年台頭してきた言語で、機械学習やデータ分析などの分野で広く使用されています。今後のAIの実用化が進む中で需要の増加が期待できる言語になっています。

3つめは、「Scala(スカラ)」というプログラミング言語です。
高い堅牢性と生産性を両立させたこちらの言語はアメリカの大手SNS事業者が使用していることでも有名です。
このScalaをおすすめする1番のポイントは、平均年収の高さにあります。Scalaを扱えるプログラマーの平均年収は626万円と群を抜いて高く使用者がまだ少ないことから、案件に困らないというメリットもあります。

なお、プログラミング言語の習得が独学では難しい場合、オンラインスクールを活用する手もあります。まずは自分に合った年収アップにつながるプログラミング言語の習得方法を模索し、準備を整えてから実行しましょう。